添付ファイル分離・メールゲートウェイサービス
File Atcala
(ファイル アトカラ)

メール送信時の添付ファイルを自動で分離し、申請・承認に基づいたダウンロードを行うことで安心・安全なファイルの受け渡しを実現するWebサービスです。

サービスの強み

PPAP(パスワード付きZipファイルによるデータ送信)を行わず、今のメール環境そのままで安全にファイルを受け渡すことが可能となります。
メールの添付ファイルを自動で分離し、後からファイルダウンロードを申請、身元を確認してからダウンロードを許可することで、
安全確実なファイルの受け渡しを実現するサービスです。
01

今のメール環境そのまま

既存のメールサーバへのメールゲートウェイとして機能。
利用者は今までと変わらずメールにファイルを添付して送信するだけでOK!
02

添付ファイルを自動分離

メールに添付されたファイルを分離、サービス上で保管。
添付を分離したメールに申請用URLを追記して宛先へと送信。
03

後からファイルをダウンロード

うっかり誤送信してしまってもDL前であれば大丈夫!
受信者のDL申請を送信者が許可するとファイルのDLが可能に。

メールでのデータのやり取りに
こんな課題はありませんか?

  • 取引先がPPAPを廃止した、廃止予定のため対応を迫られている
  • メールソフトを変えたくない
  • 誤送信した場合の対策もしておきたい

そんな課題を解決します。

File Atcalaを導入することで、PPAPを行わず、
今のメール環境そのままで安全にファイルを受け渡すことができます。
01

簡単作業でFile Atcalaを導入可能

本サービス用のメールゲートウェイに変更していただければ
すぐにご利用いただけます。
選ばれる理由1
選ばれる理由2
02

従来の環境のまま切り替えが可能

メールゲートウェイを変更するだけなので、メールソフトは変わりません。
03

セキュリティ対策にも貢献

送信者が許可するまではファイルのDLはできませんので、
誤送信しても漏洩リスクを減らすことができます。
選ばれる理由3

他にもメール利用によるさまざまなリスクを防ぎます。

■メールにZip暗号化ファイルを添付するリスク
添付ファイルをZip暗号化した状態でメール送信すると、受信側のアンチウィルスで検知ができないため、攻撃を識別できなくなってしまいます。Emotetなどのランサムウェアが蔓延する理由の1つになっています。

■パスワードを別メールで通知するリスク
送信メールの宛先へそのまま転送するケースが多く、誤送信対策やメール盗聴対策としては効果が薄い方法と言われています。システムによるパスワード自動送付は同一の宛先へ自動で送られてしまうため、更に効果が薄くなります。

ご利用料金

File Atcalaは、リーズナブルな価格によるアカウント毎の課金でご利用いただけます。
コストパフォーマンスに優れたFile Atcalaを是非ご利用ください。
File Atcalaロゴ
1アカウント当たり ¥132/月 × 12ヶ月 = ¥1,584/年(税込)
最低ご利用アカウント数 50アカウント
最低契約期間 1年
契約条件 サービスイン翌月末に年間費用一括請求、翌々月一括入金
アクモス株式会社 営業本部 首都圏営業部
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町三丁目26-8
神田小川町三丁目ビル

受付時間:09:15 ~ 18:00
(土・日・祝日・弊社休日除く)
https://www.acmos.co.jp/
tmt-support@newbiz.acmos.jp